羽素月NEWS!

読み:うそつきニュース!

科学

突如海から「自称不死身の人」が現れる 国会議事堂前で叫ぶ

2020年2月11日、衝撃的な出来事が起きた。突如沖縄県那覇市近くの海上に男性(以下、彼と表記)が歩いているのが観測された。その姿は、髭を顔中隠れるほどに生やし、そしてまるで神かのような服装をしていた。そうして最終的に東京都江戸川区に上陸したという。そして彼は彼は人とは思えぬ目に入らないほどのスピードで歩き、東京都千代田区にある国会議事堂前にて一人でこう叫んだ。

「我は不死身なり」

見かけていた医師(年齢不明)がそれを見て、興奮げに「あなた、不死身なんですか?」と問うと彼はこう言った。

「我は不死身なり」

その医師は半ば強引に病院に連れていき、彼の年齢調査を行ったところ、なんと137億歳という年齢だったそうだ。驚いた医師が彼に話しかけようとしたと思いきや、彼は消えていたのだそうだ。

彼の姿は国会議事堂前にて目撃されこう叫んでいたという。

「嘘を付くな」

見かけた警察官が彼の格好を不思議に思い、話しかけようとしたところ、突如彼は消えてしまったという。

 

※この記事は嘘です。騙されないでください。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA